その他

中学になって野球クラブチームに入る時のチームを探しのポイントとは?

中学3年間を充実した野球生活を送るためのチーム選び

学童野球チームに入っていて、6年生の終わり位になると中学の軟式クラブチーム、公式クラブチームが主宰する大会や練習会に参加する機会も増えてくると思います

また、その時にいろいろなチームの関係者に話を聞いで野球チームに入団することになると思うのですが、実際入団してみると聞いていた話とずいぶん違ったり居心地の悪いチームだったりすることは珍しいことではありません。

ここでは、私がお勧めする軟式の某優良チームの監督にお話を伺い、良い中学チームの見極めかたをリストにしてみました。

また、ここでは軟式・硬式どちらでもに通用する基準でチームを見ていますので軟式チームか硬式チームに入団するかはご自分の置かれた状況で判断してもらえばいいと思います。

ここでいう硬式チームはボーイズリーグ・シニアリーグ・ヤングリーグ・ポニーリーグ・フレッシュリーグなどの主要少年硬式野球チームのことを指します。

一つ違うのは部費で軟式チームは高くても6~7000円/月ですが、硬式チームは15000円~/月くらいなので倍以上の部費がかかりますし用具もクラブなども軟式よりはるかに高いので金銭的には硬式チームでプレーするのは少しハードルが高いといえます。

中学の野球チームを見学や体験する前にチームに関して自分で以下のことは調べてみてください

1.ホームグラウンドを持っているか?(専用でなくてもいつも練習で来る場所あるのか?):常時練習出来る場所があるチームの方が、マシン等も置いておけますし、運営が楽になるので保護者の負担は少ないと思います。

2.子供が自分で通える場所にあるチームなのか?: 場所が遠いいとそれだけ負担が大きくなります。

3.日程調整は指導者が行っているか?

4.合宿はあるのか?

5.遠くで試合や練習の場合の移動方法

6. チームの年間スケジュール

7.練習日(週末・祭日のみか平日もあるのか?)

8.体験練習は何回くらい参加できるのか?

9.年間の試合数

 

体験参加に行って良いチームか見抜く方法とは?

体験参加や中学チーム主宰のゲームに行っても保護者の方はだいたいどんなチームかの印象しか持てないと思います。

ここでは、見学の際にどんなポイントでチームを見たらよいのか箇条書きにしてみました。

1.自転車・バッグ・シューズが整頓されて並んでいるか。
2.自転車のハンドルが上がったり改造されていないか?
3.グラウンド整備は保護者やか下級生だけにやらせていないか?
4.変な上級生とかはいないか?
5.あった時に挨拶をしてくれるか?
6.選手の服装・髪型・言葉遣いはしっかりしているか?
7.練習に活気があり元気にプレーしているか?
8.監督の子供への態度。
9.監督・代表の保護者と会話はしっかりされているのか?
10.選手と共に指導者も動いているのか?
11.指導者が椅子にふんぞり返っていないか?

保護者の方はこの辺りをしっかり見てきてほしいと思います。

いたずらに、上位入賞している有名チームに子供を預けるのではなくどんな指導者の下で野球をやらせたいかが大事だとおもいます。中学生というと子供から大人へと変わっていく時期ですので子供の見本になる指導者の所へ預けるのがベストの方法だと思います。

また、あまり人数が多い有名チームですと、あまり指導してもらえる機会も少ないとおもいます。チームによっては1学年の人数を決めているチームもあるので、そのようなチームですとしっかり指導してもらえる可能性も大きいと思います。

 

関連記事

  1. その他

    軟式・硬式を統合した中学野球サイトをオープンしました。

    2015年の春に立ち上げたkantoku.club「監督インタビュー」…

スポンサーリンク

最近の記事

PAGE TOP